異国の湖畔にたたずんで眺める世界 (ヨーロッパ撫子)

孤立したように感じられるこの国で、底をついた日本食の棚を見てため息ついています、それでもこの国、好きになって来ました

トンネルを抜けると、そこは絶景、五つの村であった イタリア チンクエ・テッレ 

 漆黒のトンネルの向こうには、果たしてどのような光景が広がっているのであろうか、と淡い期待を持たれたことはあるであろうか。

 

 スウェーデンからトンネルを越え、南下するとデンマークが出現する。日本では本州からトンネルの中をジョギングして南下すると九州に出る。北海道では、トンネルに入り込む前では視界が通っていたのに、トンネルを出たら濃霧の世界に包まれた。新潟県と長野県では、トンネルを出たら次のトンネルがあった。*1

  

 それではイタリア北西部の La Speziaのトンネルを抜けたところには何があるのであろう。

 

f:id:EuropaNadeshiko:20200628040719p:plain

Screendump from Google map

 

 トンネルを抜けると、そこは五つの村であった。

 

f:id:EuropaNadeshiko:20200628060843j:plain

 

 2017年9月中旬、電車に乗り、トンネルを出たところにはイタリアの世界遺産、チンクエ・テッレ(Cinque de terre)、五つの土地があった。何世紀にも亘り、リグリア海の断崖に佇んでいた村々である。

 

ja.wikipedia.org

 

 ここは、「死ぬ前に行きたい世界の絶景」の一つとも評されているようなので、ジェノバ、ピサ、フィレンツェ、ボローニャまでいらして、二泊ぐらい余裕がある場合は、是非お勧めさせて頂きたい場所である。

 興味のある方は、チンクエ・テッレで検索すれば、太陽の輝く日に撮影された色彩豊かな多くの写真が出て来るので、そちらの方を見て理想を描いて下さったほうが楽しいかもしれない。

 

 私の写真は、曇天の秋のチンクエ・テッレであるが、そのような日もある。

 

 

  ここでは、私が、一旅行者として、どのようにこの場所を訪ねたのか簡単に紹介させて頂きたい。旅行の仕方は十人十色であると思うため、どの人の旅行記も参考になるものであると思う。

 

 私はLa Speziaの鉄道駅付近のゲストハウスに合計二泊してチンクエ・テッレを訪問した。ゲストハウスの詳細に関しては後日、ゲストハウス記事にて紹介させていただきたいと思う。

  

 さて、朝食のあと、駅まで歩き、チンクエ・テッレカードを購入した。一日券で7ユーロ強ぐらいであった。このカードで五つの村を自在に周れる。

 
 

f:id:EuropaNadeshiko:20200628213042j:plain

 

 説明されなければ、イタリアか日本か見分けの付かないようなLa Spezia鉄道駅である。写真では人影があまり見られないが、電車の中は観光乗客が押し合い東海道線顔負けの混みようであった。

  

f:id:EuropaNadeshiko:20200628221545j:plain

  

トンネルを向こう側に出たところ。

 

f:id:EuropaNadeshiko:20200628214339j:plain

 

 断崖に打ちつけるリグリア海の荒波。

 

f:id:EuropaNadeshiko:20200628212631j:plain

 

 色とりどりの家並み。断崖の上にそびえている家々。

  

f:id:EuropaNadeshiko:20200628222412j:plain



f:id:EuropaNadeshiko:20200628222317j:plain

 

 近くで見ても不明瞭な入り組みかたの家並み。

 

f:id:EuropaNadeshiko:20200628220015j:plain

 

 ハイヒールを履いていたことを後悔した瞬間。

  
 

f:id:EuropaNadeshiko:20200628222558j:plain

 

 右手の付きだしているレストランの奥でspaghetti frutti di mare(シーフードスパゲッティ)をいただいた。チップとして五ユーロをコップの下に置いてレストランを出たところ、給仕の若い青年が驚いたようで走り出て来た。

 彼は何度もお礼を言って握手を求めてきた。

 

 この反応にはこちらの方が驚いた。

 

 最近はチップを残して行く人が少ないのであろうか。

 

 あの青年は、パンデミックの影響で、おそらくレストランに観光客が居なくなってしまった春の間を一体どのように過ごしていたのだろう、と時おり考える。

 

f:id:EuropaNadeshiko:20200628213543j:plain


 この村々に住んでいる人たちは、毎朝、窓を開けてリグリア海を臨み、その機嫌を伺っているのであろうか。

 どうしても現実的な人間なので、これらの建物の作り、およびインフラはどのようになっているのであろう、と考えてしまう。暖房、冷房等はあるのであろうか。

 また、トイレなどはどうなっているのであろうか。

 この時のイタリア旅行では便座のあるトイレを探すのに難儀した。

 

 

 また、これらの家並みの裏側はどのようになっているのであろうか。

 

f:id:EuropaNadeshiko:20200628212853j:plain

 

  曇天と雨という天気で写真が暗くなってしまい申し訳ないのであるが、せめて少しでも明るくしようという編集である。

  

f:id:EuropaNadeshiko:20200628213314j:plain


 これは非常階段なのであろうか、二世帯住宅なのか、時間があれば研究をしたいところであった。

  

 

f:id:EuropaNadeshiko:20200628213945j:plain

 

  電車の中は満員であったが、村に到着したらそれぞれ分散するのでそれほど混みあっては居なかった。フィレンツェなどから移動すると落ち着けるかもしれない。 

 

f:id:EuropaNadeshiko:20200628214543j:plain

 

  訪問した時は秋であったが、夏にはここも半裸の人たちで賑わうのであろう。

 

f:id:EuropaNadeshiko:20200628213717j:plain

 

 ここは、五つの村の中では西北端モンテロッソ・アル・マーレ(Monterosso al Mare)、すなわちLa Speziaからは鉄道で訪問するときには一番遠い村である。

 雰囲気の良いレストランが多く点在していたが、性格的に、あまり滞在先から遠くのレストランで夕食を頂くと落ち着かないため、夕食は、La Speziaでいただくつもりであった。

 

 残念だったが、私を見つめていた魚の目とスパゲッティの束に手を振りながら帰路を急いだ。

 

f:id:EuropaNadeshiko:20200628215900j:plain

   

 これらの雰囲気のあるカフェバーは現在どうなっているのであろうか。

 一応は調べてはみたが、あまり情報は見つからなかった。

 

 この土地も北イタリアに属している。

 しかし、トンネルの向こう側までには疫病が広がらなかったことを祈る。

  

f:id:EuropaNadeshiko:20200628214121j:plain

 

 イタリアと言えば、私にとってはカンツォーネである。

 

 以下は私の一番好きなカンツォーネであるが、歌詞がわかったら素晴らしいかもしれないし、落胆するかもしれない。

 歌われている内容を勝手に想像しているほうが哀愁が感じられる場合もある洋楽もあるかもしれない。

 

www.youtube.com

 

 

 イタリア、死ぬまでには一度は訪ねられて欲しい国である。 

 

 

europanadeshiko.hatenablog.com

 

europanadeshiko.hatenablog.com

   

europanadeshiko.hatenablog.com

 

europanadeshiko.hatenablog.com

 

 

 

*1:日本でトンネルの数が一番多いのは大分県

PVアクセスランキング にほんブログ村
当ブログに関する免責事項に関してはブログの説明欄に記載してあります。